太陽光発電導入して元を取れるのはいつか?導入前に知りたいお得情報!

- 元を取れるのはいつか

新着情報

▶2014/07/22
元を取れるのはいつかの情報を更新しました。
▶2014/07/22
サイトマップの情報を更新しました。
▶2013/10/17
管理情報を新規投稿しました。
▶2013/10/17
連絡フォームを新規投稿しました。
▶2012/11/19
自治体の補助金を新規投稿しました。

元を取れるのはいつか

太陽光発電って今はとても人気になっているのですが、太陽光発電を設置する時に一番気になってしまうことはどのくらいで元を取れるのかってことですね。

太陽光発電では電気を多く作ることによって電気を売ることができる売電システムがあります。
電気を売ることができることによって太陽光発電の設置のときにかかってしまう費用が取り戻すことが可能になっているんです。
では実際にどのくらいで元を取ることができるのかを説明したいと思います。

太陽光発電はそのメーカーや設置をする業者によってかなり違ってきてしまうのですが、もし200万円で設置した場合でシュミレーションをすると、
購入資金が200万円となると、国や自治体からの補助金が大体49万円ほどになっています。
そうなると実質かかってくる金額は150万円ほどになってきているんです。
そして一番のポイントとなるところが売電になるのですが、売電はそのお宅によってかなり違ってきてしまうのですが1ヶ月で200Kwhを売ることができると大体10年で元を取ることができるんです。

ただ節電の仕方、そして発電量によって大きく変わってきてしまうので必ず10年で元を取れるということがいえないんです。
そして現金で太陽光発電で購入するのとローンで購入するとでは利息などで大きく変わってきてしまうことなんです。

太陽光発電を設置することによって売電で元を取ることが可能になっているのですが、絶対元を取れるということではないということを覚えておきましょう。

停電に非常に弱い

オール電化を検討している時に気になってしまうのがオール電化のデメリットかなって思います。
オール電化はガスなどの基本使用料などがかからなくなるので安くなると言われているのですが、しっかりとデメリットが存在しているんです。
まず一番のデメリットとなるのが停電の時に何もできないということですね。

オール電化では全て電気を使用をしているので、停電になってしまうと何もできなくなってしまいます。
なので何もできなくなってしまうのですが、これは停電の時のために携帯のガスコンロなどを用意することでなんとかなります。

オール電化ではこの他にもデメリットが存在しています。
オール電化にする時にかかってしまう費用がかなり高くなってしまうということなんです。
ガスなどを使用する場合はガスコンロやガスなどの給湯器にするのですが、この場合はかなり安く設置することができるんです。

しかしオール電化の場合はIHクッキングヒーターはかなり高くなってしまいますし、そして給湯器もエコキュートなどのお湯を貯めておくシステムになるので高くなってしまうんです。
なのでオール電化は初期費用がかかってしまうんです。
家族が多くなればなるほど給湯のシステムを大きくしてあげないとすぐお湯がなくなってしまい、そうなると電気代もかなり高くなってしまうんです。

新築の時にオール電化にすると比較的安くはなるのですが、リフォームなどでオール電化にするとやはりちょっと高くなってしまいます。
オール電化の検討をする時は、しっかりとデメリットを把握しておきましょう。

太陽光発電の見積り価格を一括比較!
太陽光発電の見積り価格を一括比較!